日本全国さまざまな場所にある納骨堂を上手に活用して快適な毎日を

PCを操作している手元
PCを利用する男性の手元

小さなお葬式にも

葬儀は盛大に行うという家庭もありますが、現代ではその規模はどんどんと小さくなっている傾向にあります。葬儀にも費用が掛かるということや、不景気などの影響によって小さな葬儀が今では主流になりつつあるのです。

変わり続けるお墓事情

PC操作

最近は、従来のお墓への埋葬ではなく、納骨堂や樹木葬、散骨などを選択する人が増えています。
従来のお墓を建てる場合には、100万円以上の費用がかかり、それ以外にも永代使用料や管理費、維持費などがかかってしまいます。
特に、永代使用料は埋葬場所の地価を反映してしまうため、東京などの都市部では高額になりやすく、墓地の平均面積が全国でも最小である東京都の永代使用料は、平均で120万円ともっとも高額ですから、東京などの都市部では、納骨堂や樹木葬を選択する人が急増しています。

また、東京などの都市部を中心に、少子・高齢化が進んでいるた、従来型のお墓を継ぐ人がいなくなり、先祖代々続いたお墓を守っていくことができなくなるため、納骨堂を選ぶ人も増えています。
納骨堂と一言でいっても、仏壇型やロッカー型、機械式などさまざまなタイプがあります。
仏壇型は、それぞれの納骨室に参拝壇をもうけたものですが、都市部ではスペースを有効に使用するため、ロッカーのように納骨室が並んだタイプや、専用のカードをかざすと保管された納骨箱が参拝スペースに移動してくる機械式が増えています。

従来のお墓への埋葬ではなく、納骨堂や樹木葬などへの関心が高まっている背景には、お墓を継ぐということに対する意識の変化があります。
ただ、個人的に墓じまいをして樹木葬や散骨を行ったため、親族とトラブルになってしまったというケースもありますから、家族や親族内で意見が一致していることが大切です。

デスクの上のPC

葬儀の流れをしろう

実際に葬儀を執り行うというようなことになった場合には、やらないといけないことは沢山あります。そうしたことを適切に把握することによって、スムーズな葬儀を実現できるでしょう。

ノマドワーク

葬儀後もいろいろとある

葬儀が終わればそれですべて終わりというわけではありません。その後にも様々なことを行う必要があるので、事前に知識として持っておくだけでも十分に役立てることができるようになるでしょう。

メニュー

Copyright© 2017 日本全国さまざまな場所にある納骨堂を上手に活用して快適な毎日を All Rights Reserved.